不用品を処分してくれる回収業者と自治体の特徴

不用品を回収してくれる業者や自治体の特徴を知って処分していきましょう。 - 特性を知る

更新情報

サイトメニュー

特性を知る

不用品回収をしてもらいたいと考えた時、自治体サービスを利用する・民間業者を利用するという2つの方法を思い付かれる方が多いでしょう。
それぞれに特色というものがありますし、スタンスなども違いがありますので比較をしてみましょう。
先ずは自治体サービスを利用して不用品を回収して欲しいという時。
自治体サービスは「住民全員に平等なサービス提供」がされているのが特徴です。
その地域住民であればどなたでも同一条件で利用することが可能となっています。
地域によって料金差や回収可能な品目が違ってくることもあるかと思いますので、小冊子や広報誌などで確認をしておいてください。
分かりやすいシステムですし、指定ゴミ捨て場に自ら搬出すれば後は立会いなどが必要ないので比較的に手軽に利用出来るでしょう。
先にも触れましたが、自ら搬出作業を行うので、大きさや重量によっては大変だと感じることもあるかもしれません。
自治体サービスの場合「家庭ごみであること」が原則ですので、事業ゴミは対象外となっています。
また、指定の集積所に自らが持ち込むという事も可能な地域も多いようです。
この場合に置いても、事前申し込みが必要ではありますが状況に合わせて回収スタイルを選ぶことも可能となっています。
東京不用品回収ですが、幅広い品目を回収してくれるのが魅力でしょう。
また、利用者のスケジュールに合わせてくれるところが大半ですのでベストなタイミングで利用が出来るのも魅力の1つとなっています。
更には、回収作業ばかりではなく清掃から引越し中には遺品整理からゴミ屋敷の片付けなど様々な業務を同時に行ってくれるという業者もありますので利用幅は広いかと思います。
料金に関しては、各業者ごとに差がありますので査定を行うなどして納得できる状態で利用をするようにしましょう。
また、悪質な業者も存在しているので注意をすることも大切です。
家電リサイクル法に制定されている品目ですが、自治体サービスを利用して回収することは出来ません。
ただ、回収してくれるところを役所が紹介してくれる・組合を案内してくれるなどと言うことは可能な地域も多いようです。
民間業者の場合、回収が可能かと思いますが買い取りサービスが無い限りはリサイクル料金がかかってきます。
どちらかを利用するようにする・・・というのではなく、状況や品目によって上手に使い分けていくと良いでしょう。
それぞれの良い点を取り入れてよりスムーズに回収をしてもらいましょう。

Copyright(C)2015不用品を処分してくれる回収業者と自治体の特徴All Rights Reserved.